WEBの普及によって大きく問題視されるようになったのが、「知的財産権(知的創作物や営業上の標識、技術的なノウハウなどが知的財産として守られるべきものです)」です。よく言われている著作権や特許といえば判りやすいになるのです。子供でもブログを持てるようになった現代社会では、ブログ(ふとしたきっかけでコメント欄が炎上してしまうこともよくあるものです)にディズニーやスタジオジブリのキャラクターなどといった絵を貼り付けたりすることも少なくありません。それに、ブランド品の偽物をオークションで販売したりということもあるでしょう。これらの行為は、知的財産権に違反する行為です。つまり、法律に違反する行為とはいっても、さした罪悪感もなく簡単に誰にでもできてしまえる時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)なっています。そのために、知的財産管理技能検定の有資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)者が、大変重要な役割を持つようになっているのです。知的財産管理技能検定に合格すると、知的財産管理技能士と言った資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を得ることができるでしょう。知的財産管理技能士資格には、以下の4種類があるのです。 ◆一級(特許専門業務) 知的財産のなかでも、特許についての専門知識や能力を持つ ◆1級(コンテンツ専門業務) 知的財産のなかにも、コンテンツに対する専門知識や能力を持つ ◆2級 知的財産権(知的創作物や営業上の標識、技術的なノウハウなどが知的財産として守られるべきものです)全般について、基本的な管理能力を持つ ◆3級 知的財産についての初歩的な管理能力を持つ もし、1級を取得すれば、専門職につく事も出来ます。専門職以外にも、企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)内のリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)マネジメントやコンテンツプロデューサーとしての部署で活躍の場をみつける事も出来ます。近年では、サイト作成や運営の場でも活躍の場を見つけることも可能になります。企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)に限った事ではなく、学校や官公庁などと言った団体でも必要とされる能力です。今後はますます需要が高まりいく資格のですー